BLOG

ブログアーカイブ

プロダクト

応援購入サイト Makuake プロジェクトに掲載9/29(木)予定

めまぐるしく流れる情報社会の中、日々を忙しく過ごす人たちにとって、活字の本を何時間も読むことが難しい時代です。 こんな時代だからこそ ”ゆったり本を読むこと” は贅沢な体験となりました。本を読む人たちにとって、良い環境を提案できればと、かねてより読書環境を向上させるアイテムを開発しておりました。 その第一弾...

読書について

本の配置

新しい本が増えれば増えるほど、本棚にどうやって本を配置していくか、この苦悩のような楽しみがあります。 一番見栄えがいいのはやっぱり出版社別に並べることですが、これはちょっと遊びがなくて面白みにかけます。 ということで、何にこだわって配置をするのか毎度ながら考えています。 他人の本棚を見ると、持っている本の系...

読書について

初対面でも話が広がる

初対面の人と会った時、その人が少しでも読書をする人だと助かります。 本の話題をふって、一冊でも好きな本がかぶっていれば簡単に話が広がります。 本の中には物語があって、そこに登場する世界観やキャラクターについていくらでも話題が尽きません。 仮に面識はあっても話をしたことがない人が、自分と同じ本を読んでいればそ...

読書について

読書量について

「人が何冊読もうが、そんなことは気にしなくてもいい」とよく聞きます。 それはその通りだと思うのですが、素晴らしい? ことに現代では他人の読書ライフがインターネット上で公開されています。 “読書好きな人と繋がりたい“や、ただ単に本の内容をすぐに忘れないために記録をしているという理由もあるのかもしれません。 読...

読書について

単行本の埃とり

本好きの人でも、読書に身が入らずスランプのような状態になるときがたまにあります。無理して読んでいてもどこか上の空で集中できない、なんてことも。 「そんなときは無理して読まなくてもいい」というのはまさにその通りなのですが、やっぱり読みたいと、読んでまた手が止まっての繰り返しになったりします。 手元に本を置いて...

読書について

壁を背にして本を読む

公共の場で読書をしているとき、ふと視線を感じことはありませんか? お風呂場で目を瞑って頭髪を洗っているときに感じる視線とは、異なる居心地の悪さがあります。 本を覗き見されているという警戒心が働くのかもしれません。 読書家の大半は、背後をとられるのを嫌う傾向があると思っています。 特にアンケートをとったわけで...

読書について

本の居場所

本棚にたくさんの本が並べられていて、それを眺めているだけで癒されます。 なんてことをいうと、優雅で聞こえはいいのですが、実際には保管場所の問題があって頭を悩ませます。 同居人がいる場合、読書に理解がなければちくちくと小言をいわれるかもしれません。 そうでなくても、部屋のスペースには限りがあります。 やっかい...

読書について

有名すぎる小説を読む

読書遍歴をみれば、その人がどういうものを好むのか、という判断材料になると思います。 ミステリー小説ばかり読んでいる人を10人集めても、好きな小説ベスト10すべてが同じということはありえません。 この世に同じ人間がひとりも存在しないように、同じ趣味趣向、読書遍歴もまたしかりです。 その中でも、高確率で読まれて...

読書について

スマートウォッチの使い方

前々から興味を持っていたAppleWatchを購入しました。 スマホと連携して、音楽を聴いたり、体や運動などの健康管理から電子決済、アプリの通知までたくさんの機能があります。 その中でも、特に活用しているのがタイマーです。 隙あらば本を開くという本好きの人は多いと思います。 ちょっとした空き時間に本を読み、...

読書について

読書との相性(飲み物)

本を読むときは、いっさいなにも飲まずストイックに文章だけを追う。 そういった姿勢で読書をしている人は、多くはないと思います。 たいていは喉を適度に潤しながら、もしくは飲み物が主役でそのアクセントとして本を手元に置くばあいもあるかもしれません。 たくさん飲み物はあって、何を読書とセットにするかは好みによるもの...

読書について

1日読書をするとなれば

本を読むために十分な時間を持っている人は、少ないのではないでしょうか。 多くの人がちょっとした空き時間に読書をしている印象があります。 例えば、日常の雑多なことを考えずに1日ゆっくりと本を読めるとすれば、満足できるように準備をするのかもしれません。 優雅に本を読もうと思えば、それは気軽なものではなくなる可能...

読書について

どうしてその本を読もうと思ったのか

あなたがいま読んでいる本はどうやって選んだのでしょうか?  ずっと手をつけずにおいた積読本、職場の人に勧められた本、なにげなく寄った本屋に平積みされていた本、SNSや書評に載っていた話題の本、1冊の本を読む前に至る過程はそれぞれです。 情報が溢れかえって選択肢が増えると、そのぶん迷ってしまいます。 合わない...

読書について

読書会って?

読書会って何? と思っていませんか? 「読書会」という字面が固すぎて、ちょっと一歩引いてしまうかもしれません。加えて敷居が高そうな印象も受けますし、怪しい雰囲気も少しありますよね。 ほとんどの場合、読書をするのは能動的で自ら読み進めないといけません。(中にはオーディオブックや誰かに読んでもらったりしている人...

読書について

あなたのお気に入りの一冊は?

いきなりですが、あなたのお気に入りの本はなんでしょうか? おそらく読んだ時期やそのときの環境に影響しているかもしれません。いずれにせよ、本を読む人にとって特別な一冊があるはずです。もしかすると、一冊どころか特別な数十冊あるよという人もいるでしょう。  私のお気に入りの本は、ふと立ち寄った古本屋で“百円”の値...